ニキビと皮脂の関係

皮脂はニキビができるので、ない方が良い考えがちですが、そんなことはないのです。皮脂はそのように悪いものとして誤解されがちですが、外的刺激から肌を守る1次バリアとしての大事な役割がありますから、なくてはならないもの。皮脂が足りないと、肌の病漁力も低下してしまいます。洗顔をごしごしするのは皮脂を過剰におとしてしまいますから、過度の洗顔は、気を付けた方が良いのです。

ニキビでは、なぜニキビができるのかと言いますと、ニキビの原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂の過剰分泌はいろいろありますが、今回はわかりやすいものを取り上げましょう。ここで、関係するのは男性ホルモンです。その過剰分泌がニキビとなるのですが、そもそもの原因はストレスでしょう。ストレスによって交感神経が優位になり、男性ホルモン生成に至るのです。この男性ホルモンが皮脂の過剰分泌を促し、角質の詰まりへとつながります。この詰まった角栓に皮脂が溜まり、ニキビになるのです。

ここで、元々の原因になるのはストレスです。ストレス、交感神経、男性ホルモン。皮脂の過剰分泌、角栓の詰まりという流れがニキビ生成の過程になりますから、この流れをうまく断ち切って、ニキビができないようにしたいものです。当サイトはニキビに関する情報をお伝えします。ニキビに良い化粧品についてニキビ予防について、わかりやすくご説明しますので、ご参考になさってください。当サイトはニキビに悩む皆様、お子様のニキビが心配な親御さんのお役にたてれば、幸いです。


Back to Top