Category Archives : 未分類

ニキビ予防

洗顔ニキビの予防のためには、適度な洗顔が必要ですが、ごしごしこすったり、一日に何度も洗ったりするのは厳禁。適度な皮脂がなくなり、乾燥してしまうと毛穴の詰まる原因にもなるのです。

では、良い洗顔とは、どのようなものでしょうか。それは、ニキビ肌専用の洗顔料等で丁寧に優しく洗う事です。ニキビ専用の洗顔料は沢山でていますので、インターネットや口コミ等で選んで試してみるのも良いでしょう。その際、うるおいを守りながら、不用な角栓、皮脂等の汚れを落とすようなものが、おすすめです。無香料、無着色のものもありますし、多少の香料が入って気持ちの良い香りがするものもありますので、その辺りはお好みで選ぶと良いでしょう。泡立ちもお好みですが、すぐに泡立つようなものもありますので、忙しい時などはさっと洗えて便利です。

ここで洗い方ですが、まずは手を洗い、レモン1個分の泡立てをし、Tゾーン、Uゾーン、目元、口元と皮脂の多い順に洗っていきます。ごしごし洗わず、優しく泡を肌の上で転がすように洗い皮膚の薄い目元、口元は特に丁寧に洗うと良いでしょう。洗ったあとはぬるま湯ですすぎ残しがないようにすすぎ、清潔なタオルを軽く顔に押し当てて水気をおさえるようにふきます。ここでも強くこすらないように。

洗顔の他にも洗顔後の保湿、身の回りの物を清潔にするという事も大事です

ニキビに良い化粧品

ニキビができると、化粧水等は、べたべたするからといって、量を少なくつけがちですが、ニキビができやすいとされる脂性肌は化粧水が少ないと潤いが足りないという反応を起こし、余計に皮脂が分泌されてしまうのです。そうならないためには、しっかりと化粧水をつけて、うるおいをキープすることが大事になります。

化粧水洗顔後は、化粧水をたっぷりと肌が吸い込まなくなるまで、ハンドプレスして、しみこませるようにつけます。こうすることで、肌にしっかりと水分が行き渡り、水分と油分のバランスがとれ、肌の機能が正しく働いて、保湿力のある水分たっぷりの肌になるでしょう。化粧水の後は、乳液やオイルをつけますが、このことをふたをすると言います。ふたをしてあげることで保湿や油分が逃げなくなるのです。こういった化粧水、美容液、乳液という基礎化粧品がニキビにとって良い化粧品になります。おすすめは殺菌作用、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟作用のあるものです

洗顔は過度にならない程度で、皮脂を落とし過ぎないようにし、洗顔後はたっぷりと基礎化粧品をつけて、肌の保湿と水分を補い、乳液や美容液でふたをすることでバランスの取れた肌もなります。こういった一連の流れがニキビを悪化させない良い化粧品の使い方です。次の頁ではニキビ予防について説明します。

ニキビと皮脂の関係

皮脂はニキビができるので、ない方が良い考えがちですが、そんなことはないのです。皮脂はそのように悪いものとして誤解されがちですが、外的刺激から肌を守る1次バリアとしての大事な役割がありますから、なくてはならないもの。皮脂が足りないと、肌の病漁力も低下してしまいます。洗顔をごしごしするのは皮脂を過剰におとしてしまいますから、過度の洗顔は、気を付けた方が良いのです。

ニキビでは、なぜニキビができるのかと言いますと、ニキビの原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂の過剰分泌はいろいろありますが、今回はわかりやすいものを取り上げましょう。ここで、関係するのは男性ホルモンです。その過剰分泌がニキビとなるのですが、そもそもの原因はストレスでしょう。ストレスによって交感神経が優位になり、男性ホルモン生成に至るのです。この男性ホルモンが皮脂の過剰分泌を促し、角質の詰まりへとつながります。この詰まった角栓に皮脂が溜まり、ニキビになるのです。

ここで、元々の原因になるのはストレスです。ストレス、交感神経、男性ホルモン。皮脂の過剰分泌、角栓の詰まりという流れがニキビ生成の過程になりますから、この流れをうまく断ち切って、ニキビができないようにしたいものです。当サイトはニキビに関する情報をお伝えします。ニキビに良い化粧品についてニキビ予防について、わかりやすくご説明しますので、ご参考になさってください。当サイトはニキビに悩む皆様、お子様のニキビが心配な親御さんのお役にたてれば、幸いです。

Back to Top