ニキビに良い化粧品

ニキビができると、化粧水等は、べたべたするからといって、量を少なくつけがちですが、ニキビができやすいとされる脂性肌は化粧水が少ないと潤いが足りないという反応を起こし、余計に皮脂が分泌されてしまうのです。そうならないためには、しっかりと化粧水をつけて、うるおいをキープすることが大事になります。

化粧水洗顔後は、化粧水をたっぷりと肌が吸い込まなくなるまで、ハンドプレスして、しみこませるようにつけます。こうすることで、肌にしっかりと水分が行き渡り、水分と油分のバランスがとれ、肌の機能が正しく働いて、保湿力のある水分たっぷりの肌になるでしょう。化粧水の後は、乳液やオイルをつけますが、このことをふたをすると言います。ふたをしてあげることで保湿や油分が逃げなくなるのです。こういった化粧水、美容液、乳液という基礎化粧品がニキビにとって良い化粧品になります。おすすめは殺菌作用、抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟作用のあるものです

洗顔は過度にならない程度で、皮脂を落とし過ぎないようにし、洗顔後はたっぷりと基礎化粧品をつけて、肌の保湿と水分を補い、乳液や美容液でふたをすることでバランスの取れた肌もなります。こういった一連の流れがニキビを悪化させない良い化粧品の使い方です。次の頁ではニキビ予防について説明します。


Back to Top